FC2ブログ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スツールを作る #16.0 塗装

 オイル塗装の出来はその前の仕上げで決まるので、納得できるまで何回もヤスリを掛けます。
以前ザラっとした木の風合いを残したい時には、いい加減にヤスリを掛けた後に塗装していましたが、
今は粗いヤスリを使って、均一にザラっとするまで時間を掛けて磨くようにしています。

仕上げのヤスリ掛けは入念に行いますが、オイル塗装はかなり雑にやってもOKです。
ただ、暗くなると塗りムラが見づらくなってしまうので、塗装は夕方にやらないようにしています。

 今回は成城石井で買った食用クルミオイル(800円程度)を使ってみました。
まず、スツールをひっくり返して、裏面から刷毛で塗ります。
塗り終わったらひっくり返して塗り残しに注意しながら全面を塗っていきます。
20分経ったら、タオルでしっかり拭き取ります。
時間を置き過ぎる拭き取りが大変で塗りムラの原因になります。

DIY スツール クルミオイル

乾燥後、塗装によって起毛したケバを取り除くために
少しヨレた#400番のヤスリで軽く磨きます。
サンディング後、ヤスリかすをブラシと掃除機で丹念に取り除き、
一回目の塗装と同様に再び食用クルミオイル塗装&拭き取りをしました。

 乾燥後、一旦はスベスベの表面になったのですが、
寒い小屋から暖かい室内に入れたところ、再びケバ立ってしまいました。
いつも使うオスモオイルと違い、クルミオイルは表面に被膜を作るワックス効果がないので
水分を吸ってしまったと思います。

そこで、再び#400番のヤスリで軽くサンディングした後に、
オスモウッドワックス・ノーマルクリアーを塗りました。

DIY スツール オスモむ

拭き取ってしっかり乾燥、こんどはケバ立ちません。
ノーマルクリアだけで塗装した時よりもいい色になりました。
今後も色んな天然オイルとノーマルクリアの組み合わせを試してみようと思います。

DIY スツール 塗装前後

塗装前(左)と塗装(クルミオイルx2&ノーマルクリア)後(右)


にほんブログ村





スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。