FC2ブログ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スツールを作る #9.0 貫の加工

 仮り組みして市販の丸棒を試しに通してみました。

DIY スツール 貫1

 脚(1)とその対角の脚(2)を通した丸棒の長さ(1-2)と
もう一組の長さ(3-4)の差は2mmだったので、
その平均の246mmを2本の貫の内寸としました。

これに丸ホゾ40mm x2を足した326mmの長さが必要です。
厚みは脚より5mm細くした25mm、幅は30mmの
326x25x30mmの貫材を2本切り出します。

仮り組みした脚に貫をクランプして、脚の内側の角度を貫に写し取ります。
ケビキを全面にしっかり描いて、てっぺんの中央にボール盤用の印を付けて置きます。
斜めのケビキ線をノコギリでグルっと一周、5mmの深さで切り込みを入れた後に、
上から埋め木カッターで真ん中に Φ15mm の円柱を掘ります(深さ40mm)。
残りは濡らしてノミで整形します。

DIY スツール 貫2

2本貫は相欠き継ぎで交差させます。
切り欠きした後にヤスリを掛けると組んだときに緩くなってしまうので、
先に仕上げのヤスリ掛けを貫にしておきます。


にほんブログ村





スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。