FC2ブログ
Archive: 2017年11月

No image

 スポンサーサイト

 スツールを作る #3.0 座面の作製

 直角出した3材の木端部に、横溝ビットを使ってトリマーで2本の溝を掘ります。(中央は左右両方の木端部に溝を入れます)表からトリマーを掛けた後にひっ切り返して掛けると溝が微妙にずれるので、表面から8mmと19mmのところに3mmの2本の溝を掘ります。色の濃い厚さ3mmのパオロッサ材を幅9mmにバンドソーでカットしてアクセントとして目立つサネを作ります。 ボンドの接合は時間との勝負なので、予め使う道具をすべて用意して...

 スツールを作る #2.0 座面の作成

 座面は3枚の材を雇いザネではぎ合わせます。横から見えるサネの模様をこのスツールの特徴的な意匠にしたいので、幅の狭い材をわざわざ3枚をはぎ合わせることにしました。縦310x幅110x厚さ30mmの材をバンドソーで3枚分荒取りします。この時、材に順目(ならいめ)の表示をしておくと後で悩みません。ウチにはテーブルソーが無いので、幅の狭い材の木取りは直線性と垂直の精度がでません。(マルノコのベース幅より狭い材の切り出...

 スツールを作る #1.0 木材の選択

決定版のスツール(丸椅子)を作ってみようと思います。これまで幾つかスツールを作ってきましたが、出来上がる度に「ああすればよかった」「次はこうしたい」との思いがあります。今回の作品を自分のパーソナルベストにしようと考えて細かい意匠や木目にもこだわって作ってみようと思います。スツールの材料はブナが一番好きなのですが、国内のブナ材をアマチュアが買える材木店は少なくまた、値段も高い。そこで、ヨーロッパビーチ...
DIY

 胡桃(くるみ)割り道具

 DIYと言う程ではありませんが、胡桃(くるみ)の殻を簡単に割る道具を考えてみました。毎年、9月末に川に落ちた胡桃を拾いに行きます。胡桃の木は川に迫り出していることが多いので雨の後には、川の弛(たる)みに胡桃の果実が沢山集まって浮かんでいます。その場で足で踏みつけて中身の殻だけを持ち帰って、バケツでかき混ぜて洗います。天日で乾燥後に、フライパンで弱火で炒ると口が少しだけ開きます。これまではマイナスドラ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。